トップ

賃貸経営を成功させる

業者に委託で空室の保証を

自主管理より管理委託を選ぶ理由

健全なマンション経営をしていく上で、最もリスクとなるのが空室リスクです。空室のある部屋はもちろん、家賃が発生しません。ということはローン返済や賃貸経営が行き詰る可能性があるということです。

そんな賃貸経営のリスクとなる空室を保証する制度が多くの管理業者にはあります。特に個人オーナーでこのリスクを抱えるのは、非常に大きい負担となるので空室リスクをできるだけ減らすことが重要です。

/管理委託とは/
マンションやアパートの賃貸経営をする際に、ほとんどのオーナーは管理業務を委託していると思います。管理業務を委託するということは、マンションやアパートの入居者とオーナー間との仲立ちをお願いするということです。家賃の請求や滞納による督促、入居者との交渉がそれにあたります。

しかし、家賃の滞納リスク自体はオーナーが被らざるをえません。また、滞納の督促やそれに告ぐ交渉などにトラブルが発生した場合は、オーナー自ら交渉の場に出て行かなければなりません。

管理委託とは入居者とオーナーをつなぐ掛け渡し的な業務でしかないのです。
管理委託の費用は家賃の3~5%が相場となっています。

/一括借り上げのメリットデメリット/
空室リスクをなくすために、一括借り上げというものがあります。一括借り上げとは管理会社が一定の家賃を保証し、たとえ空室があっても、管理会社が一括で部屋を借り上げているため家賃の未払いがないということです。

これによって長期にわたる空室リスクが排除できるので、健全なローン返済や賃貸経営が望めます。

しかし、一括借り上げの場合、委託管理業務も一任することになるため、管理費は管理委託のみの場合よりも費用が高くなり、相場は家賃の10~15%になってしまいます。

一括借り上げを検討する場合は、メリットがあるかどうかを考えてから決めると良いでしょう。

/家賃保証と一括借り上げとの違い/
家賃保証と一括借り上げを、よく混同する方もいますが、家賃保証は保証会社が家賃を保証する制度です。保証会社の審査を受けるのは入居者です。

審査を受けた入居者が家賃の未払い状態になってしまった際に、保証会社が代わりに家賃滞納を保証するのが家賃保証です。

ですから、保証会社の家賃保証は空室リスクとは関係ありません。

健全な賃貸経営をお考えならば、これらの制度をうまく使って賃貸のさまざまなリスクヘッジをしていくことで健全な賃貸経営が可能になるでしょう。

© Copyright 業者に委託で空室の保証を. All rights reserved.